• ホーム
  • 精力アップに効果的な食べ物の紹介

精力アップに効果的な食べ物の紹介

精力アップに効果的な食べ物の一つ目は牡蠣です。
牡蠣は、男性の精力をつける見過ごせない栄養素にかなり満ちています。
食事に取り入れて、牡蠣を積極的に食べれば、疲れを知らないタフな男になれます。
牡蠣に含まれる精力増強を助ける要素の一つは、亜鉛です。亜鉛は、男性ホルモンのテストステロンを生成ミネラルです。
これが十分あれば、性欲の増大や精子の運動率の上昇を導きます。実際亜鉛は、市販の精力剤に多量にふくまれています。
貝類のなかで特に豊富に亜鉛が含まれているのが牡蠣です。
二つめがタウリンです。タウリンは肝機能も向上させるのみならず、精力もつけてくれます。
タウリンは生活習慣病の予防に役立ち、肝機能もよくするの二日酔いなどにも効き目があります。
身体にお酒が残っている時は、お酒と一緒に牡蠣料理をチョイスするのがベストです。
牡蠣に含まれるタウリンが肝臓のアルコールを分解するのを助けるのです。
それから元気のアップに効果的な食べ物の二つ目は、納豆。
納豆には、納豆にしか配合されていない「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれていて、これが血管の中にできる血の固まり(血栓)を溶かす作用があります。
そのほか納豆にはビタミンB2も豊富に含まれています。ビタミンB2はエネルギー代謝、脂質代謝、細胞再生に関わる、スタミナ源です。
ビタミンB2は普通の大豆にも含まれていますものの、しかし納豆は大豆を発酵させて作っているので、大豆の6倍も含まれています。是非食事に取り入れましょう。
それから元気アップに効果的な食べ物の二つ目は、山芋です。中国でも古来から山芋を精力増強のための漢方薬として利用していました。
漢方の世界で山薬(サンヤク)という滋養強壮、去痰(器官や気管支に溜まった痰を除去すること)などに効果があるとされているものがあるのですが、これは、山芋を乾燥させたものなのです。
また、山芋は消化を助けるはたらきもあるので、身体を丈夫にします。さらには、元気を増大させ、筋肉を大きく固くするのです。
科学的根拠はあまりありませんが、アルギニンも精力増大の栄養素だとよく言われます。
アルギニンは鰹節や、高野豆腐、鶏のむね肉などに豊富に含まれています。

精力アップに対して逆効果な食べ物はある?

精力をあげるのに逆効果な食べ物は、「コーラ」です。
有機リンという成分が含まれているコーラですが、有機リンは、昔、農薬に多量に含まれていて、それによって勃起不全を起こした実例がある有機リンは、少しの摂取はむしろ必要なことなのですが、過剰摂取は精力減退の原因になるのです。
というのも、コーラは骨を溶かすといいますが、その原因もこの有機リンで、有機リンは多量に体内に入ると、カルシウムと結合し体外に排出されてしまうのです。
そして、このカルシウムの不足が、勃起や射精を司る神経に悪影響を与えて、勃起不全を引き起こすのです。
危険な有機リンは、コーラだけではなく、ソーセージやハム、かまぼこにも含まれているので注意しましょう。
ケーキやチョコレートも精力アップに対して逆効果な食べ物です。基本的に、血糖値をあげる甘いお菓子は精力減退に繋がるとされています。
要するに、血糖値が上がると、血流が悪くなってしまい、動脈硬化などを引き起こします。
そして神経系の障害が起こってしまうのですが、それがEDの原因と考えられているからです。
当然精力の減退を引き起こす第一要素は言うまでもなく、肥満です。甘いものの食べ過ぎには注意しましょう。
アルコールも精力アップには逆効果です。
酒は百薬の長といって、適量ならば、心身をリラックスする効果があり、精力アップにもなります。
でも飲み過ぎは、脳内の性欲を司る神経系を抑制してしまうのです。
さらに飲み過ぎは精力に重要な肝臓へ悪影響も与えるので、逆効果となります。
しかしどれも適量ならば問題ありありません。
日頃から偏食気味で、過剰に摂取し過ぎているかなと思う人は、自ら控えるように心掛けましょう。